軽い、コンパクト、折りたためて安定性もGOODなサックス用スタンド | K&M JAZZ 14330

サックススタンド K&M JAZZ 14330

以前、家で使うのにお気に入りのスタンドということで、ハーキュレスのDS630BBというスタンドをご紹介しました。

参照:抜群の安定感、サックス用スタンド / ハーキュレスDS630BB

でも、このスタンドは外に持ち歩くには少し大きくて重いんですね。家の中で使うのにはその重みが安定感にもつながっていい感じなんですが。

そこで今日は、外に持ち出すときに愛用しているK&Mのアルトサックス用スタンド JAZZ 14330をご紹介します。

このスタンドをおすすめする3つのポイント

1.軽くてコンパクトに折りたためる

このスタンドは自宅以外で使用することが主になるので、持ち歩きに負担がないことは絶対条件です。

その点、このスタンドは280gでリンゴ1個分くらいの重さ。

折りたたむととてもコンパクト。

組み立てるとこれくらい。

2.ベルの中に収納できる

そしてなんと、折りたたむと楽器のベルの中にすっぽり収納することができます。
こうやって
すぽり

写真ではスタンドをそのまま収納してますが、実際は袋がついているのでそれに入れて楽器に入れるので傷がつく心配もありません。

3.折りたたむのも組立てるのもとても簡単

このスタンドを手に入れる前は、同じくK&MのSAXXYというスタンドを使ってたんですが、これは組立が少し面倒だったし、JAZZより100gくらい重かった。その後継であるJAZZはその点かなり改善されています。

組み立て方です
まずこの丸いやつをOPENと書いてある方向にくるくる回します。
くるくるくるくる
ある程度ゆるんだら、折りたたんである脚を広げて
グイっと
丸いやつをCLOSEの方向に回したら
あっという間に完成です

まとめ

楽器とケース、楽譜に譜面台に、いろいろ持ったらなかなかの重量です。僕は少しでも移動の負担は減らしたいので、このスタンドにはほんとに助けられています。

移動が多いサックスプレイヤーにおススメのサックススタンドK&M JAZZいかがでしょう。もし、他にもこんなのがあるよというおススメがあったら是非教えてください!

今回初の試みで使用感について、動画でまとめてみましたのでそちらも参考まで。

それでは、よりよいサックスライフを!

コメントを残す